九州イラスト

私たちのまち錦町は、熊本県の南部、球磨郡のやや南に位置し、日本三大急流の一つである球磨川が東西に横断しています。この球磨川の左岸には、5月末から6月上旬にかけ、町花の「ツクシイバラ」が咲き誇ります。
梨、桃などのフルーツをはじめとした農産物が町の特産品で、また、江戸時代初期に東日本一と称された剣豪「丸目蔵人佐」が晩年を過ごした地でもあることから、「剣豪とフルーツの里」をキャッチフレーズに掲げています。人口は約1万1千人で、第2次産業が盛んであること、大型商業施設の進出と農商工バランスに優れ、活気あふれていることが合計特殊出生率2.08人で全国13位、熊本県でトップという結果に繋がっています。